自分の管轄エリア、その外側の降雨状況を
知ることは、管轄内の災害発生予知に効果的です

周囲50km内外の降雨状況の把握体制は出来ていますか?

周辺50km内外
の降雨状況をレーダー降雨量から
リアルタイムに監視、事態の予測を60分以前から把握

ゲリラ豪雨・雷・土石流災害 事前の判断に役立ちます 


バーチャル雨量計を推奨します > 
場所を選ばず、多点観測網を24時間で稼動出来ます

さらに様々な降雨要素をカラー図示”みえる化”したことにより
高度な専門知識に頼らない、情報の判断活用に役立ちます


@・A・Bのゲリラ3要素及びピンフォール、4種類の降雨情報が有れば、

緊急時に於いて、豪雨予兆判断の支えになります

  下図ゲリラ3要素は 2013年7月28日発生した山口県津和野・萩豪雨の状況を捉えたものです  


ゲリラ3要素の・@ 降雨量

テレビなどで解説する降雨量情報は、過去の状態。 今後の降雨予想判断には、余り役に立たない。  より正しい判断をするためにはゲリラ3要素の情報が重要。
ゲリラ3要素の・A 蒸発力

激しい豪雨になるためには水蒸気の活発な上昇活動が存在する。 その場所と蒸発状況を示す。  同時に雷の発生位置と勢力も高い精度で知ることが出来る。
ゲリラ3要素の・B 保水力

激しい豪雨が続くのは上空へAの現象で上がった水滴が、空中に保水される、保水力に例え分かり易く色分けした情報。
ゲリラ3要素+ピンフォール
特定場所24H降雨量 

過去24時間降水量を知ることは、災害予防判断に重要。 特定場所の24時間降雨量をグラフ表示、豪雨発生予兆の判断に役立つ。

テクノクラートは 1979年以来、役立つ情報を提供しています。  豪雨災害予兆自己判断情報は身近な災害回避に役立ちます


@
コンピュータ制御
ブレない撮影用機器
向く向く(MukMuk)雲台

A
ゲリラ豪雷雨・ピンフォール降雨量等、
ゲリラ豪雷
雨サーチシステム、

B
故郷で営む旅館・ ホテル
を気象災害から守る豪雷雨情報

C
ウエザーバイキング
好きな中から選べる豪雷雨情報
ゴルフ場にぴったり構成例

 

D
雨量計の設置は不要、雨量計を使わない土石流災害・豪雨災害を発生前に予兆を捉えます


E
 レンタル-雨量計測3日で開始 手間いらず

 

G
夏休み自由研究 気象観測をしてみよう
航空会社のディスパッチャー 気象予報士が君を待っている

       

H
気象データ解析 スターターキット

ハイブリッド ビレッジウェザー

 

K
企業価値向上に貢献します